インプラントは入れ歯ではない

今日確かに市民権を得たインプラントは、高齢者を中心に施術を希望される方々が、日々右肩上がりで増加を続けています。
技術と機器双方の進歩と進化、そして施術例の増加から豊富な経験値を誇る専門医も増え、より高い成功率と安全性が周知されるに至っています。

自身の歯を失ってしまった場合、インプラント搭乗前の選択肢は「入れ歯」「そのまま」の二者択一でした。
後者はさて置き、入れ歯はどれだけ完璧なフィットを目指して製作しようとも、私達人間の肉体は朝晩でそのサイズや形状が微妙に変化するのみならず、年齢を重ねると共にそれは一層顕著となります。
入れ歯の不合致が私達の口腔内から身体に届ける違和感や苦痛は大きく、さりとてこまめに入れ歯の再作成を重ね続ける訳にも行きません。
入れ歯は全ての方々を十分満足させるアイテムとは言えないのです。

インプラントは自らの歯茎そして骨に人工の歯を固定する、最新の歯科治療技術です。
本物の歯と同じく、頭蓋骨の骨に歯の土台部分が固定されるので、入れ歯のようにズレる、歯茎との隙間に食べ物が混在するなど、痛みや違和感を感じるトラブルとは無縁です。
何より自分自身の歯と同様に咀嚼出来、人工の葉を通じてその「噛み応え」を口腔内で実感出来るのが大きな特徴です。
入れ歯では無いまるで自分の葉、それがインプラントの最大のメリットであり、今後更に歯科治療の主役として、数多くの施術が重ねられて行くであろう事、間違いありません。

Copyright © 2014 インプラントは高齢の方を中心に人気 All Rights Reserved.